自然と接し、自分を見つめる

幼い頃、季節がめぐるのがとても楽しみでした。

私は、自然豊かな山梨県で生まれました。

季節ごとに楽しみがありました。

春は近所の散歩道でおばあちゃんとよもぎを詰み、
お団子づくり

夏休みには、祖母の家のそばを流れる川で遊び、魚を釣りました。

秋には、くりを拾いに行き、干柿。お団子づくり。

冬には、手打ちのうどんやほうとう、漬物づくり。

私の心地よい原風景には、大きな自然の豊かさと
人の暖かさがあります。

大人になり上京し数年がたった頃、日本橋の濁った川をみて、子供が「綺麗」という声を聞き、本当に綺麗な川を見せてあげたい!

汚れた川をきれいにしたい。

自然と遊ぶ楽しさを伝えたい。そう思うようになりました。

都心では、石ころ一つ見つけるのが難しいのが実情です。
綺麗な自然を子供たちに残してあげたい!

地方では限界集落が増え、いったん人間が手を入れてしまった山が荒れてしまってきています。

自然と人の健康は表裏一体

川の汚れは、身体の中のよごれなのではないか。ふと、思ったことがあります。

人が整えば、自然と正しいものを選択することが出来るようになり、環境もよくなるのではないか。そう思いました。

人が幸せに生きていく上で、進んだ医学や化学に頼るだけでなく、本来持っている自然の力、治癒の力とバランスを取りながら、環境負荷、自他の幸せを踏まえたエコロジカルな考え方は、重要な要素になってきていると思います。

一人でも多くの方が、生涯現役で楽しい人生を送るために

五感を研ぎ澄ませ、自分と内的コミュニケーションをとり本当に必要な選択すること。 人とのコミュニケーションを円滑にすること。

花や音楽は、それを実現することのできる素晴らしいツールだと思っています。

弊社の活動がめぐりめぐって一人でも多くのかたの豊かな人生のお役にたてるよう邁進します。

yuka miyazawa

宮澤由華 

宮澤由華

yuka miyazawa